子育てして働いて同人活動してる30代ママのネット通販記録。

ママライフハック

育児

子どものご飯は「小さなおうどん」が適量

投稿日:

子どものご飯、毎回悩みます。
特に娘(1歳11ヶ月)は白米よりも麺類が好き。
「ちゅるちゅる」と言って麺が食べたいと常日頃からせがんでいますが、つい先日流ちょうに「うどん」と言い出しました。
そんなに食べたいか。

今までは冷凍うどんを電子レンジで解凍して、焼きうどんなどにアレンジしていたのですが、ある時夫がコンビニでこんな小さなサイズのうどんを見つけて買ってきてくれました。

その名も「小さなおうどん」。
乾麺の、カップラーメン的なものだろうと思っていたのですが、なんと開けると麺が生タイプ!!

これには驚き!
麺の量は80グラムで、子どもがちょうど食べきれるくらいの量です。

食べ方は簡単で、麺だけをカップにまず入れて、お湯を注いで箸で軽くほぐします。(全部一度に入れてもいいけど、この一手間でおいしさがアップします)
お湯は一度捨てて「かやく入スープ」を入れ、お湯を再び注いで1分待ったら出来上がり。

特にこの「柚子香るお吸いもの」がおすすめ。

関西風のだしがきいた味が、身体に優しくしみわたります。
柚子の香りもさわやかで食欲をそそります。
麺が生タイプなので、乾麺と違って食感がズルズルしていなくて、とってもおいしいです。
子どももカップを持ち上げてスープを飲むくらい大好きです。

子どもを寝かしつけた後、ちょっと小腹が空いたな…という時に大人も食べています。
塩分40%カットで131カロリーということで、罪悪感なく食べることができます。

他の味には「梅じそ」「とろろ昆布」「鶏しお」があります。

忙しい中、子どもが空腹でご飯まで待っていられない!という時や、外出時にもお湯さえあれば作れるので、これからの季節にオススメです。

-育児

Copyright© ママライフハック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.