子育てして働いて同人活動してる30代ママのネット通販記録。

ママライフハック

家事

筆記用具・お菓子を収納する家具を買い替えて見違えるほどスッキリ!

更新日:


ずっと整理したいと思っていた家具二つありました。
ひとつは、写真奥に写っているブックシェルフ。
中には土鍋、ガスコンロ、大皿などのキッチン用品と、読み終わったジャンプや新聞を雑多に詰め込んでいました。

もうひとつは、手前に写っているキャスター付きの棚。
上はタイルになっていて、一人用のキッチンが狭かったので、調理しやすいようにと親が買ってくれたものです。
コーヒーや紅茶、お菓子や軽食を入れて、上部にはノートPCと筆記用具、爪切り、化粧品なんかをごちゃごちゃと置いていました。

さらに厄除けのお札が置いてあったり、捨てにくいものの墓場状態。

上にいろいろ置くと、ごちゃついて見えるしホコリもたまって掃除がしにくい、ということで、この家具をひとつにすることにしました。

ひとつにするにあたって、収納したいもののサイズを徹底的にはかり、ぴったりなキャビネットをAmazonで発見!

じゃーん!

こんな感じで一つにすることができました!

気をつけたポイントは3つ。

観葉植物をステンレスかごに入れて持ち上げられるようにした


これによって、上の棚部分が植木鉢の形に凹むこともなく、荷重を分散できます。
さらに、かごには取っ手が付いているので、ひょいっと持ち上げることができます。
水やりの時にこぼしてしまってもサッと拭けるし、葉にたまったほこりが落ちても拭き掃除が簡単です。

筆記用具を引き出しにしまった

【整理前】
ひえーっ!モノが溢れてる……。

【整理後】


ずっと出しっ放しだった筆記用具を引き出しにしまいました。
その際に、かすれて書けなくなったサインペンや、インクのなくなったボールペンなどを一気に処分!
芯がなくなったまま放置していたシャーペンにも芯をセット。
中の仕切りには100均の小分け収納グッズを使いました。

家具に入りきらないキッチン用品は移動

土鍋など入りきらないものはキッチンの下の棚を整理して移動しました。

これによって、モノの定位置もわかりやすくなったし、散らかりにくくなりました。
爪切りや体温計も引き出しにしっかりしまって、行方不明になることを防いでいます。
朝、保育園に行く前に絶対一回は検温するのですが、いままでは「どこにいったのー?」と探し回り、カーテンの下で発見する、とかザラだったので。
これで少しは朝の時短になっていると思います。

キャビネットの足も、ぴったりと地面につかず、ルンバが入って掃除できる高さのものを選びました。

ちなみに、要らなくなった家具は、回収業者よりも、圧倒的に市に頼んでしまってほうが安くていいです!
流れが分からなくて、粗大ごみを出すのをずっと敬遠していたのですが、一度やってみたら簡単!

①市の粗大ゴミ窓口に電話
②捨てたい家具のサイズを伝える
③粗大ゴミシールの値段と回収日を教えてくれる
④粗大ゴミシールをコンビニで購入
⑤期日までにシールを貼った家具をマンションのゴミ集積所に出す
以上で完了!

窓口は平日の昼間しか繋がらないので、家具のサイズを書いた紙を持って、会社の昼休みに電話をしています。
ちなみにこの処分した二つの家具は、それぞれ500円で捨てることができました。

-家事

Copyright© ママライフハック , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.